コラム

歯科用CTって何に使うの?

一般的な歯科治療では、患者さまの歯や顎の骨の状態を把握するために、パノラマやデンタルと呼ばれるレントゲン撮影を行います。 おそらく皆さまも一度は経験されたことはあることでしょう。 肉眼では確認することができない歯の全体像や顎の骨の形態などを見て、感動された方もいらっしゃることかと思います。 そこで気になるのが「歯科用CT」との違いですね。   レントゲンは二次元の画像   レントゲンは、歯や骨といった硬組織を可視化できる素晴らしい撮影法ですが、得られる画像は二次元です。 そのため、ひとつの角度からしか病変部を観察することができません。 単純な虫歯や歯周病の治療であれば、そうした二次元的な情報だけでも十分治療を行うことができるのですが、例えばインプラントのような外科処置を伴う治療となると話は変わります。   CTは三次元の画像   歯科用CTによって得られる画像は三次元です。 いうなれば、すべての角度から病変部を観察することができるのです。具体的には、顎の骨の幅や奥行き、深さといった三次元的な情報を得ることができ、インプラントをどの位置で、どのくらいの深さまで埋入しても安全かが評価できるのです。 これはレントゲンでは決して行うことのできない診断です。   難しい親知らずの抜歯にも活用できる   歯科用CTを活用できるのはインプラント治療に限りません。 斜めに生えていたり、歯根が曲がっていたりして抜歯の難易度が高くなっている親知らずも、CT撮影を行うことで安全に処置を施せるようになることがあります。   まとめ このように、歯科用CTはレントゲンでは得ることのできない三次元的な情報を取得することが可能です。 とくに当院では外科処置を伴うインプラント治療に活用しています。 この装置があることで、大事な神経や血管を傷つけてしまいそうなリスクの高い治療でも、安心・安全に実施することが可能となります。 一般の歯科医院では導入しているところもそれほど多くはありませんが、精密な歯科治療を実施する上で非常に有用といえます。 続きを読む

歯医者を好きになってもらう小児歯科診療

小児歯科では、一般歯科とは異なる重大な使命が課せられています。それはお子さまを「歯医者嫌い」にさせないことです。 お子さまが初めて出会う歯医者さんは、多くのケースで小児歯科となります。家族ではない人にお口の中を見られ、器具を入れられ、場合によっては歯を削られるわけですから、歯医者嫌いになる理由もよくわかります。 そこで当院では、お子さまが歯医者嫌いにならないための取り組みをいくつか実施しております。   まずは歯科医院に慣れてもらう   歯科医院というのは、特別な空間です。消毒液の臭いが漂っていたり、歯を削る音が鳴り響いていたりと、お子さまにとっては怖い場所以外のなにものでもありません。 そこでいきなり治療を開始してしまうと、それがトラウマとなって「歯科治療恐怖症」を発症してしまうことも多々ありますので、まずは診療室や医院のスタッフ、治療に使用する器具などに慣れてもらいます。 そうして気持ちが落ち着くようになってから、歯を削るなどの治療を開始いたします。   小まめに声かけを行う   いざ診療を開始しても、こちらのペースで治療をどんどん進めていくようなこともありません。ひとつひとつの処置を施す前にきちんと声かけを行い、お子さまのペースを乱さないよう配慮いたします。 そうすることでお子さまも段々と歯科治療への恐怖心や苦手意識が減り、リラックスした状態で施術を受けてもらえるようになります。 さらに、処置をひとつ終えるごとにたくさん褒めてあげることで、歯科治療へのモチベーションも上がっていきます。   まとめ   このように、当院では歯科治療を嫌いにならないための取り組みを実施し、最終的には歯科治療あるいは歯医者さんを好きになってもらえるような診療を目指しております。 そんなお子さまのペースに合わせた小児歯科治療をご希望であれば、ぜひ当院までお越しください。 将来にわたる歯医者嫌いを予防するという意味でも、非常に有意義な診療となることかと思います。 続きを読む

将来の歯の健康を見据えた小児歯科治療

当院には、一般歯科とは別に小児歯科という診療科を設けています。文字通り、子どもの歯の治療を行うところですが、成長期にあるお子さまへの歯科治療ということもあり、一般歯科とは診療の方針や治療内容も少し異なります。 今回はそんな小児歯科の診療について詳しくご説明します。   予防することに力を入れている   一般歯科は、今現在発生している虫歯や歯周病を治療することが主な目的となっていますよね。 虫歯になっている部分を削り、詰め物をして、できる限りもともとの状態に近い形で欠損部を回復させます。 この点は、小児歯科も同じなのですが、注意しなければならないのは、その後のケアです。 永久歯列であれば、治療後に大きな変化が現れることはありませんが、乳歯列期や混合歯列期のお子さまというのは、これから歯が生え変わったり、顎の骨が発育したりするものですから、それ以上、虫歯などの病気にかからないことが重要となるのです。そういう点も含めて、小児歯科では虫歯などを予防することに力を入れています。 いわば、将来の歯の健康を見据えた歯科治療ですね。   どんな風に予防するの?   小児歯科では、お子さまの歯にフッ素を塗布したり、シーラントと呼ばれるプラスチック材料を歯の溝に流し込んだりすることで、虫歯になりにくい歯を作ります。 その他、お子さまに適切な歯磨きの方法を指導したり、親御さまには仕上げ磨きのコツをお伝えしたりすることで、セルフケアの向上に役立てていただいております。   まとめ   このように、当院の小児歯科では、今そこにある虫歯の治療だけではなく、大人になった時の歯の健康も見据えた予防医療を提供しております。 小さい頃からしっかりとした歯磨きの仕方を身に付け、フッ素などにより歯を強くすることで、美しくて健康的な永久歯列を手に入れることができますよ。 小児歯科治療は、そのための土台づくりとお考えください。 そんなきめの細かい小児歯科の診療をご希望の方は、ぜひ当院までお越しください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。 続きを読む

フッ素が身体に与える影響について

フッ素は、虫歯予防という観点から、いろいろな方法で活用されています。 歯磨き粉による活用が最も一般的ですが、歯科医院で受けることができるフッ化物の歯面塗布も有名ですね。 そうしてフッ素を活用することによって、虫歯を効率的に予防できるのは良いのですが、身体に対する影響を心配される方も少なくありません。 とくに、発育期にあるお子様に関しては気になりますよね。   フッ素には毒性がある?   結論からいうと、フッ素にも毒性があります。 それは大量摂取することによって生じるもので、普段の生活でフッ素による中毒を起こすことがまずありません。 具体的には、フッ素が配合された歯磨き粉を2本丸ごと飲み込むくらいで、中毒症状が現れます。 これはお子さまの場合であり、大人であれば4~5本くらいの量が目安となります。 そう考えると、フッ素による身体への悪影響というのは、ほとんどないといえますよね。   予防処置のフッ素は大丈夫?   当院でも行っているフッ化物の歯面塗布では、歯磨き粉よりも高濃度のフッ素が含まれているため、中毒を心配される方も多いことかと思います。 けれども、その量も先ほど挙げたような中毒を起こす量とは比較にならないほど少ないといえますのでご安心ください。 しかも、フッ化物の歯面塗布というのは、あくまで歯質に直接フッ素を作用させるものであり、体の中に摂り込む処置ではないのです。   もしもの時の対処法   小さなお子さまなどがご自宅などで、誤ってフッ素入りの歯磨き粉を飲み込んでしまった場合は、牛乳やミルクアイスのようなカルシウムを豊富に含む食べ物を摂取してください。 カルシウムはフッ素と結合しやすく、その効果を減弱させることが可能です。   まとめ   このように、フッ素は過剰に摂取すると、中毒症状を起こすことがありますが、歯磨き粉やフッ素塗布のように、歯に作用させる上では何ら心配はいりません。 フッ素の濃度も極めて安全なものとなっておりますので、虫歯予防に積極的に活用していきましょう。 続きを読む