コラム

フッ素による虫歯予防処置

フッ素は歯を強化し、虫歯を予防する効果があることがわかっています。 そのため、日本に限らず、世界中でも色々な方法で、フッ素による虫歯予防を実施しています。 ちなみに当院では、一般的なフッ化物の歯面塗布に加え、フッ素洗口液の取り入れ方の指導も実施しております。 今回はそんなフッ素による虫歯予防処置について詳しく解説します。   フッ素が歯を強くする理由とは 「フッ素は歯を強くする」という言葉はよく耳にしますが、実際にどのようなメカニズムで歯が強くなるのか気になりますよね。 例えば、フッ素が「歯の再石灰化を促す」ことは有名ですが、「フルオロアパタイト」という特別な構造を作り上げることはあまり知られていないかと思います。 歯は本来「ハイドロキシアパタイト」と呼ばれる物質から構成されているのですが、そこへフッ素が入ることで「フルオロアパタイト」に作り直され、歯が強くなるのです。   フッ素洗口液の取り入れ方の指導 フッ素による虫歯予防は、いろいろな応用法が開発されていますので、それぞれ適切なものを選択して活用することをおすすめします。 フッ素入りの歯磨き粉を毎日使い、フッ化物の歯面塗布を数ヵ月に一度受けることに加え、フッ素洗口も実施すると、虫歯の予防効果はさらに高まります。 ただ、フッ素洗口を安全に行うにはプロの指導を受けることが大切ですので、興味のある方はお気軽に当院までご相談ください。洗口液の安全な取り扱い方などをていねいにお伝えいたします。   まとめ このように、当院ではフッ化物の歯面塗布だけではなく、フッ素洗口液の取り入れ方の指導も実施しております。 フッ素配合の歯磨き粉の使用と定期的なフッ素塗布、さらにフッ素洗口液まで活用することで、虫歯予防の効果は非常に高まるといえます。 ちなみに、フッ素洗口液の取り入れ方の指導は4歳から承っております。それよりも小さなお子さまは、まだフッ素洗口液によるケアは控えた方が良いといえます。 続きを読む

矯正専門医ってなに?

歯医者というのは、むし歯や歯周病の治療だけを行っているわけではありません。例えば当院では、歯を失ってしまった際に必要となるブリッジや入れ歯、インプラント治療などの補綴治療、さらに、顎関節治療や矯正治療も行っております。そんないろいろな治療分野には、それぞれプロフェッショナルケアが存在しているのをご存知でしょうか?その代表が矯正専門医です。   普通の歯医者となにが違うの? 歯医者には、それぞれの治療分野で専門医制度というものが確立されています。専門医の資格を取るには、大学院で学位を取り、一定の知識や技術などがあると認められる必要があります。それだけに、専門医の資格を有しているということは、その治療分野におけるプロフェッショナルであるとわかるのです。ちなみに当院の矯正治療は、矯正専門医が担当いたします。   歯科医であれば誰でも矯正治療を行える 矯正治療はとても専門性の高い治療分野ですが、歯科医師の免許を持っていれば、誰でも治療を行うことができます。そのため、誰が上手な歯医者なのか、患者さまにとってはなかなか見極めにくいところでもあります。そこでわかりやすい指標となるのが専門医の資格ですね。矯正専門医の資格を持っている時点で、普通の歯医者より矯正に関する知識や技術が優れていることを意味しますので、皆さんも矯正医選びの参考にしてみてください。   矯正は歯医者選びが大切 歯並びを矯正するということは、皆さまが思っている以上に大変なことであり、時間もかかることです。それだけに、できるだけ技術や知識、経験が豊富な歯医者を選ぶに越したことはありません。数年にも及ぶ矯正治療だけに、歯医者選びは慎重に行いましょう。   まとめ 当院の矯正歯科のように、矯正専門医が行う矯正治療は、非常に治療の精度が高く、高度な治療法を実施することもできます。相談は無料で、予約枠をとってじっくりお話することができますので、まずはお気軽にご連絡ください。成人矯正だけではなく、小児矯正も実施しております。 続きを読む

小児矯正を受けるメリットとは

矯正治療は大きく2つに分けることができます。それは小児矯正と成人矯正です。 当院ではいずれの治療も行っておりますが、小児矯正から受ける方が、治療によって得られるメリットが大きいことを患者さまにはお伝えしております。 そこで今回は、小児矯正を受けるメリットについて詳しく解説します。   骨が発育途上にあることが有利   お子さまの顎の骨は、全身の骨と同様、発育途上にあります。 今現在、下の顎が前方に出ている下顎前突や上の顎が突出している上顎前突に悩まされていても、顎の発育方向を誘導するだけで、それらの異常を改善することが可能なのです。 これがもし、成長期を終えた成人矯正であれば、顎骨を切除するなどの外科処置が必要となってきます。   早期に発音や呼吸を改善できる   口呼吸が習慣化していたり、骨格的な異常で発音障害が生じていたりする場合は、早い段階で矯正しなければ、あとあとまで残ってしまうものです。 それが成長期であれば比較的容易に改善でき、なおかつお子さまのコンプレックス解消にもつながるのです。   矯正治療に伴う痛みが軽くなる   小児矯正では、骨格の発育を誘導することが主な目的であるため、成人矯正のような強い痛みを伴うことが少ないといえます。 さらに、小児期に骨格を正常な形態へと導いておけば、第二期治療で歯列矯正を実施する際にも痛みが少なくて済みます。抜歯が必要となるケースも極めて少なくなります。   矯正にかかる費用を抑えられる   小児矯正で効率的に顎の発育を促すことで、第二期治療にかかる期間や費用を抑えることが可能です。 実際、成人矯正のみを受けた方と、第一期治療・第二期治療に分けて受けた方とでは、後者の方が安い治療費で治療を完結させていることが多いです。   まとめ   このように、小児矯正を受けることで、お子さまの体への負担を減らすことができるだけでなく、親御さまへの経済的負担も軽くすることができます。 そんな小児矯正に興味のある方はぜひ当院までご相談ください。矯正専門医がていねいなカウセリングを実施いたします。 続きを読む