コラム

フッ素が身体に与える影響について

フッ素は、虫歯予防という観点から、いろいろな方法で活用されています。 歯磨き粉による活用が最も一般的ですが、歯科医院で受けることができるフッ化物の歯面塗布も有名ですね。 そうしてフッ素を活用することによって、虫歯を効率的に予防できるのは良いのですが、身体に対する影響を心配される方も少なくありません。 とくに、発育期にあるお子様に関しては気になりますよね。   フッ素には毒性がある?   結論からいうと、フッ素にも毒性があります。 それは大量摂取することによって生じるもので、普段の生活でフッ素による中毒を起こすことがまずありません。 具体的には、フッ素が配合された歯磨き粉を2本丸ごと飲み込むくらいで、中毒症状が現れます。 これはお子さまの場合であり、大人であれば4~5本くらいの量が目安となります。 そう考えると、フッ素による身体への悪影響というのは、ほとんどないといえますよね。   予防処置のフッ素は大丈夫?   当院でも行っているフッ化物の歯面塗布では、歯磨き粉よりも高濃度のフッ素が含まれているため、中毒を心配される方も多いことかと思います。 けれども、その量も先ほど挙げたような中毒を起こす量とは比較にならないほど少ないといえますのでご安心ください。 しかも、フッ化物の歯面塗布というのは、あくまで歯質に直接フッ素を作用させるものであり、体の中に摂り込む処置ではないのです。   もしもの時の対処法   小さなお子さまなどがご自宅などで、誤ってフッ素入りの歯磨き粉を飲み込んでしまった場合は、牛乳やミルクアイスのようなカルシウムを豊富に含む食べ物を摂取してください。 カルシウムはフッ素と結合しやすく、その効果を減弱させることが可能です。   まとめ   このように、フッ素は過剰に摂取すると、中毒症状を起こすことがありますが、歯磨き粉やフッ素塗布のように、歯に作用させる上では何ら心配はいりません。 フッ素の濃度も極めて安全なものとなっておりますので、虫歯予防に積極的に活用していきましょう。 続きを読む