コラム

小児矯正を受けるメリットとは

矯正治療は大きく2つに分けることができます。それは小児矯正と成人矯正です。 当院ではいずれの治療も行っておりますが、小児矯正から受ける方が、治療によって得られるメリットが大きいことを患者さまにはお伝えしております。 そこで今回は、小児矯正を受けるメリットについて詳しく解説します。   骨が発育途上にあることが有利   お子さまの顎の骨は、全身の骨と同様、発育途上にあります。 今現在、下の顎が前方に出ている下顎前突や上の顎が突出している上顎前突に悩まされていても、顎の発育方向を誘導するだけで、それらの異常を改善することが可能なのです。 これがもし、成長期を終えた成人矯正であれば、顎骨を切除するなどの外科処置が必要となってきます。   早期に発音や呼吸を改善できる   口呼吸が習慣化していたり、骨格的な異常で発音障害が生じていたりする場合は、早い段階で矯正しなければ、あとあとまで残ってしまうものです。 それが成長期であれば比較的容易に改善でき、なおかつお子さまのコンプレックス解消にもつながるのです。   矯正治療に伴う痛みが軽くなる   小児矯正では、骨格の発育を誘導することが主な目的であるため、成人矯正のような強い痛みを伴うことが少ないといえます。 さらに、小児期に骨格を正常な形態へと導いておけば、第二期治療で歯列矯正を実施する際にも痛みが少なくて済みます。抜歯が必要となるケースも極めて少なくなります。   矯正にかかる費用を抑えられる   小児矯正で効率的に顎の発育を促すことで、第二期治療にかかる期間や費用を抑えることが可能です。 実際、成人矯正のみを受けた方と、第一期治療・第二期治療に分けて受けた方とでは、後者の方が安い治療費で治療を完結させていることが多いです。   まとめ   このように、小児矯正を受けることで、お子さまの体への負担を減らすことができるだけでなく、親御さまへの経済的負担も軽くすることができます。 そんな小児矯正に興味のある方はぜひ当院までご相談ください。矯正専門医がていねいなカウセリングを実施いたします。 続きを読む